不妊治療の種類

不妊症には、いくつかの治療法があります。治療を受ける人たちの、年齢や、病歴、不妊の原因、希望等により、
その治療法を選ぶことになります。

①診察
これまでの、既往歴や不妊の期間、流産、早産の有無、等を詳しく問診によって調べます。
一般的な検査や、血液検査、超音波検査、内診、等が行われます。そのほか、必要に応じて卵管造影検査、
フーナーテスト等詳しい検査が行われます。
②タイミング療法
基礎体温表、血液検査、尿検査、超音波検査等をおこない排卵日を予想し、性交渉を行うというものです。
場合によっては、排卵誘発剤を使用することもあります。
③人工授精
精液を採取し、処理した精液を管を使って排卵の予想されるときに注入する治療法です。
場合によっては、排卵誘発剤を使用するときもあります。
④体外受精
排卵した卵子を特殊な感を使って、採取し体外で精子と受精させ、培養した受精卵を子宮内に戻すものです。
⑤顕微受精
採取した卵子にハリをさして、精子を直接卵子内に注入し受精させる方法です。

このように、不妊の原因や、本人たちの希望により色々な不妊治療がおこなわれるのです。





同じ妊活仲間のブログが見れます★↓↓
赤ちゃん待ちブログランキング




ベビ待ち中ランキング★↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村