公共機関の相談センターをうまく使おう

公的機関の相談センターを利用されたことがありますか?公的機関の相談内容は多岐にわたります。
なかには、女性の妊娠、出産や、育児、について取り上げているところもあります。
いろんなサポートグループが積極的な活動を行っていたり、公的機関から委託を受けた業者が、
専門家を招いてセミナーを行ったりするものがあります。専門家とは、医師、看護師、助産師、心理療法士、
カウンセラーなど、医療や心理の分野で活躍されている方ばかりです。セミナーや、サポート事業、カウンセリングは
、色々な悩みに応じて多岐にわたります。

その中で不妊に関する事業を行っている「男女共同参画推進財団」が行っているものの一例を、ご紹介します。

①不妊・不育に関するセミナー
②不妊症に対する電話相談(看護師や、婦人科医が応対してくれるものです。)
③サポートグループ内で、実際に不妊や不育に悩む人が、一同に会して、実際に悩みを打ち明ける相談会です。
その相談のファシリテーターとして、助産師さんや、看護師さんが中に入り、悩みを聞いてくれたり、進行役を務めたり
してくれます。

このように、何か悩んでいる人は、自分の悩みにあった相談事業を探して、参加してみるのもいいかもしれません。





同じ妊活仲間のブログが見れます★↓↓
赤ちゃん待ちブログランキング




ベビ待ち中ランキング★↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村