出生前診断について(着床前診断)

出生前診断とは、赤ちゃんに異常があるかないかを調べるものです。様々な検査方法があります。
ここでは、「妊娠前」の着床前診断についてご紹介します。

<まとめ>
受精卵が着床するまでに、遺伝子や染色体などの検査をして、受精卵に異常がないかどうかを調べるものです。
これは、万が一受精卵に異状があれば、うまく妊娠にまで至らずに、着床できないかもしくは流産を起こしてしまう
可能性が高いからです。この検査によって異常のある受精卵を見つけ出し、それをさけ、異常のない受精卵を移植する
ことで妊娠率をあげようとする狙いがあります。

この方法は、重大な疾患のある子どもの生まれる可能性が高い場合や、ある種の習慣性流産を繰り返す女性を対象に
行われます。

<検査方法>
方法は、何種類かありますが、最新の方法は、
胚盤胞の状態の受精卵から細胞を抽出し、調べるものです。染色体や、遺伝子を調べます。
残りの胚は、そのまま培養を継続し、検査結果に異常がない場合、胚移植を行うというものです。





同じ妊活仲間のブログが見れます★↓↓
赤ちゃん待ちブログランキング




ベビ待ち中ランキング★↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村