出生前診断について(妊娠中の出生前診断)

妊婦の血液中のある「胎児のDNA」を調べることにより、染色体異常があるかどうか判断するという検査です。
検査は、妊娠10週間を超えると検査することができ、採決量も少量で済むため流産する危険性はありません。
検査結果の精度は陰性、すなわち胎児の染色体に異常がない場合は99パーセントの精度だといわれています。
検査にかかる費用は20万円ほどです。これは、日本医学会認定医療機関において実施されています。
<対象となる妊婦について>
次の項目に当てはまる方が、診断を希望した場合に行われます。
*染色体異常の可能性が示唆された方(超音波検査、母体血清マーカー)
*過去に、染色体異常の子を妊娠したことがある
*35歳以上の方
*両親どちらかが、均衡型ロバートソン転座という、子供に症状が出る危険性がある染色体異常を保持している。





同じ妊活仲間のブログが見れます★↓↓
赤ちゃん待ちブログランキング




ベビ待ち中ランキング★↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村