AMHって何?

AMHとは、アンチミューラリアンホルモン(または抗ミュラー管ホルモン)といい、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンのことです。
卵巣内にある卵の数つまり予備能がどれだけかを反映する値と考えられています。
この数値が高いと、注射をしてもそれに見合った数の採卵を期待することが出来ます。
ただ、AMH値が表しているのはあくまでも卵子の在庫であり、卵の質がいいのか、また順調に育つのかはわかりません。これらは一番年齢の相関するのものです。
ですから、例えば同じAMH値の場合でも、年齢が高くなればなるほど反応は悪くなることがあります。
年齢が高いということは、治療できる期間が限られているということです。たとえ受精卵がいくつかできても、その中からすべてが順調に育つことは難しいでしょう。ですので、普通の体外受精や、それができなければ簡易の体外受精で少しでも多くの卵を採って受精卵を作っていくというのがAMHのみならず、年齢の高い方の治療方針の1つだと思います。





同じ妊活仲間のブログが見れます★↓↓
赤ちゃん待ちブログランキング




ベビ待ち中ランキング★↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村