AMH値=妊娠率って本当?

AMH値が低い=妊娠率も低いと思われがちですが、これは大きな間違いです。ほとんどゼロに近い数値でも自然に妊娠・出産している人は多くいます。大切なのは、受精卵です。受精卵さえできれば、年齢なりの妊娠率はあります。受精できる卵が残っていることが妊娠するために大切なのです。
AMHは年齢と相関しません。つまり、AMHは妊娠率を語りません。卵の数が少ないことが、妊娠率を低くしているのではなく、不妊治療をできる機関が限られているということなのです。
AMHは、他のホルモンと違って、月経周期のどのタイミングで測ってもよい血液検査です。卵は何もしなくても、生理の有無に関係なくいつも発育し、次々と消えていきます。その自然の流れの中で、不妊治療で出来ることは、一番最後の萎んでいく卵を成熟させて採るところだけです。卵の増減を変える方法はありません。
まずはAMHを測って、ご自身の卵巣予備能を少しでも早く知って、自分に合った治療を進めて下さい。





同じ妊活仲間のブログが見れます★↓↓
赤ちゃん待ちブログランキング




ベビ待ち中ランキング★↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村