排卵誘発は卵子に影響するの?

排卵誘発と卵子の残り数には、関係はありません。女性はこの世に誕生した時から卵子の数が決まっており、時間が経つほど減っていきます。元々生まれ持った卵子の数は、何万個、何十万個と膨大で、たとえ排卵誘発をしても採れる卵子は20~30個なので、心配する必要はないと言えるでしょう。
AMHの値も生理前後で変化することはなく、低温期でも高温期でも数値は変わりません。ただ、体外受精の場合には、採卵時に値が下がることがわかっています。
排卵誘発で卵子の数に影響することはありませんが、もしPCO(多嚢胞性卵巣)のタイプで、卵子が多くできやすい人の場合、排卵誘発の際には、卵子の育て方に気をつけた方がいいでしょう。PCOは卵子ができやすい分、多胎妊娠の可能性もあります。通常、注射をして3日後に検査をしますが、少量で少しずつ刺激を加えて、丁寧に1個の卵子を育てた方がよいでしょう。ご自身にあった適切な排卵方法で、卵子を育てて欲しいと思います。





同じ妊活仲間のブログが見れます★↓↓
赤ちゃん待ちブログランキング




ベビ待ち中ランキング★↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村