生理を止めたら、卵子は減らないの?

卵子の減少を少しでも抑えたいという気持はわかりますが、生理を止めたからといって違いがでるほどではありません。もともと女性は生まれる時に、一生分の卵子を持って生まれてくると言われています。生まれてからは補充されることなく、減る一方です。母親の胎内にいる時、卵子は片側の卵巣に多くて約700万個も存在していますが、生まれる時にはすでに100万個までに減少してしまいます。これはアポトーシスといって、細胞が自ら死んでいく現象です。
またこの現象によって、排卵が起こる第二次性徴期までには卵子は約40万個まで減ってしまいます。そして、毎月1,000個ほどの原始卵胞が成長し、排卵する1個以外はすべて死んでいくのです。そのため毎月の生理によっても卵子は減少するものの、アポトーシスによる減少があまりに多いため、ピルなどによって生理を止めてもほとんど影響はないと言えるでしょう。
逆に、生理を止めてしまうとホルモン以上が発生し、更年期障害が出ることもあるます。
卵子の減少を食い止めようと考えるよりは、ご自身の年齢を一番気にして、妊娠できる環境づくりをしていくのが良いでしょう。





同じ妊活仲間のブログが見れます★↓↓
赤ちゃん待ちブログランキング




ベビ待ち中ランキング★↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村