不妊治療中アルコールの影響

アメリカの調査で、飲酒と不妊治療の成績の関係を調べたところ、週に4単位以上のアルコールを摂取する女性は、4単位未満の女性に比べて、出産に至る確率が16%と低いことがわかりました。また、カップルの2人ともが週4単位以上を摂取するカップルは、どちらも4単位未満しか飲まないカップルに比べて、21%出産に至る確率が低く、受精率も48%低いことがわかっています。
女性だけでなく、男性も過度にお酒を摂取すると、「アセトアルデヒド」という物質が精巣の中で増加し、精子をつくる機能を失ったり、男性ホルモンの合成を抑制してしまうことがわかっています。男女ともに不妊治療中の過度な飲酒は避けた方がよさそうです。
また、お酒と薬を併用すると、薬がきちんと効かないこともあります。慢性的に飲酒をしていると、飲んでいない時でも薬が効きにくく、お酒と薬を同時に摂取すると薬が効きすぎてしまうこともあります。そのため、不妊治療中の過度な飲酒は絶対だめというわけではありませんが、妊娠しやすい健康な体づくりのためにも過度な飲酒は避け、適切な生活を送った方が良いと思われます。





同じ妊活仲間のブログが見れます★↓↓
赤ちゃん待ちブログランキング




ベビ待ち中ランキング★↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村