漢方の視点から見る卵子の老化

卵子の老化とは、加齢とともに卵巣機能が低下して、卵子の数が減少すると共に、卵子の質や着床率も低下し、30代後半から急激に妊娠率が低下します。中国の固定でも、「腎は、女性の生殖能力を司る。賢気は7の倍数の年に変化をもたらし、35歳になると賢気が衰え始める」と書かれており、皮膚の張りや艶がなくなる、おりものが少なくなる等の症状が出るのと同様の考え方です。
卵子の老化は、加齢だけでなく、食事や睡眠、運動など生活習慣や職場や家庭から受けるストレスなど、今までの人生の中で自分が作り上げてきた体質に大きく寄ります。これは、ストレスで暴飲暴食した人が肥満になり生活習慣病にかかるのと同じで、生活習慣の乱れが卵巣機能に大きな影響を与えます。
中医学には、「抗老防衰」という考えがあり、老化は本来持っている「腎」の力=生命力の衰えであると考えます。「腎」には生まれもっと生命力の強さを表す「先天の腎」と日頃の生活習慣で働きを強くすることができる「後天の腎」の2つがあり、「抗老防衰」の実践のため、普段から漢方薬と食生活の両方で補っていくのが良いでしょう。
また、全身の血を補い、滞りなく流れるようにすることも大切です。心の平穏を保ち、自然界と調和して体のバランスを保つことが、「抗老防衰」につながり、卵子の老化予防にもなると思います。





同じ妊活仲間のブログが見れます★↓↓
赤ちゃん待ちブログランキング




ベビ待ち中ランキング★↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村