AMHが低いと子どもは諦めないといけない?

諦める必要はありませんよ。AMHの値は、妊娠できるかを判断する材料ではありません。
AMHは、残っている卵子の数を測るものなのです。例えば、年齢が若い場合1回の採卵で30個の卵子が採れることもありますが、高齢の場合は頑張っても3個ということも十分に有得ます。AMHは卵巣年齢と言われますが、閉経年齢を予測するものではないという意見もあります。
AMHの値が低いと卵巣にある卵子の数が少ないということなので、薬の刺激に対して反応が悪く、妊娠率が低くなる傾向はあるものの、それがすべてではありません。1回の刺激で採れる卵子の数は少なくても、たとえ1個の卵子でも妊娠する方はいるのです。40歳以上の方で妊娠している方には、やっと採卵できた1-2個の卵子で妊娠される方がほとんどです。
AMHの値は、加齢や健康状態によって数値が変動することもあるので、数年間測っていない場合は、再検査をおすすめします。値が低いからといって諦めず、サプリメントや漢方などできることは試してみてはどうでしょうか。





同じ妊活仲間のブログが見れます★↓↓
赤ちゃん待ちブログランキング




ベビ待ち中ランキング★↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村