妊娠中のアルコールに影響はあるの?

妊娠中の飲酒は胎児に影響を及ぼします。妊娠した女性が飲酒をすると、胎盤を通じてアルコールは胎児の血液にも流れ込みます。そして多量に飲酒した場合、「胎児性アルコール症候群(FAS)」を起こし、知能障害を主として、中枢神経の機能障害や発達障害、大小奇形頻度の増加など、赤ちゃんに悪い影響を及ぼすこともあります。FASを起こすかどうかは、飲酒量や母体の年齢、体格などの個人差があるので一概には言えませんが、赤ちゃんにとって悪い影響を与えることは間違いありません。妊娠を意識したら、禁酒を心がけましょう。
また、妊娠していなくても、妊娠を望んでいる場合は、日頃から規則正しい生活を送り、過度な飲酒は控えるなどして、健康な体づくりに努めるのが良いでしょう。お酒は飲み方によっては体を温めて血行をよくしたり、ストレスを解消する効果もありますので、絶対にだめとは言えませんが、いつか出会うかわいい赤ちゃんのために、お酒を上手に生活に取り入れていってくださいね。





同じ妊活仲間のブログが見れます★↓↓
赤ちゃん待ちブログランキング




ベビ待ち中ランキング★↓↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村